赤ランプ|競馬で口コミ評判が高いのは競馬セブン(七騎の会)

競馬をはじめる前に|競馬セブン(七騎の会):口コミ評判

なんでも競馬情報 【競馬セブン・七騎の会】

マイルチャンピオンシップ南部杯・東京盃を振り返る

10月14日に地方競馬の盛岡競馬場でJpnIのマイルチャンピオンシップ南部杯が行われました。 JpnIレースということもあり、地方競馬の有力馬だけではなく、JRAに所属しているダートで活躍中の馬たちも出走しました。 1番人気は中央・地方問わずとにかくGIをたくさん勝っているゴールドドリームです。 かしわ記念に引き続き連勝なるか…という状況でした。

2番人気は同じくJRA所属のアルクトスで、この馬は重賞レースも含めて3連勝でこのレースに臨みました。 現在4歳。将来のダートトップクラスの馬になれるだけのポテンシャルを有しています。 3番人気は前走の日本テレビ盃でクリソベリルの2着に入ったロンドンタウン、4番人気はサンライズノヴァでした。 

七騎の会が見守る中、スタートするとまずロンドンタウンが先頭に立ち、そしてノボバカラも前に行きます。 この2頭が飛ばす形となり、地方交流競走ならではの縦長の展開。サンライズノヴァも3番手につけ、虎視眈々とチャンスをうかがっています。 4コーナーをカーブして最後の直線に入ると、サンライズノヴァが抜け出し、他にはアルクトスやゴールドドリームも頑張ります。

最終的には好位から抜け出したサンライズノヴァが見事優勝を果たし、GI初制覇となりました。 2着馬アルクトス、3着はゴールドドリームです。 それにしてもサンライズノヴァは強かったですし、鞍上の吉原騎手も最高の騎乗をしました。 そして10月2日に南関東の大井競馬場で行われた東京盃は、藤田菜七子騎手がやってくるということもあり、かなり賑わいました。

1番人気はその藤田菜七子騎手が騎乗するコパノキッキングで、単勝1.5倍。 2番人気は4歳牝馬のヒザクリゲ、3番人気がグランドボヌールでした。 やはり上位人気は中央所属の馬が多い、という状況でしたが、地方所属馬の中にもチャンスが大いにある馬もいました。 レースがスタートすると松飛び出したのはコパノキッキングとクルセイズスピリツ。

コパノキッキングは後ろから行くと思っていた人も多いと思うので、驚いたかもしれません。 3コーナーをカーブして4コーナーにかかる頃にはもうすでにコパノキッキングが楽勝しそうな勢いでした。 最後の直線に入って本格的に追い始めると、後ろの馬を突き放す一方。 2着のブルドッグボスに4馬身差をつける圧勝で、3着はサクセスエナジーでした。 地方競馬の重賞なのですが、これが藤田菜七子騎手の初重賞制覇でした。

七騎の会.2